top of page
職業:広告代理店
出身:新潟県 1992/6/25
経歴:日本文理校 ー 明治大
投打:右投・右打
強肩とチャンスに強い打撃が持ち味。
第65回高松宮賜杯(1部)の優勝メンバーとして
初の天皇杯出場を目指す。

大阪 捕手・内野手

1 JUNNOSUKE TAKAHASHI

髙橋 隼之介

小学2年生で野球をはじめ、学童軟式野球を経てから柏崎シニアへ入団。投手・遊撃手として全国大会へ4度出場(ベスト16)。その後、日本文理高校へ進み、春1年から遊撃手として定着し、2009年春夏連続甲子園出場。夏の甲子園では21打数12安打を放ち、甲子園準優勝を経験。3年時は主将を務めるも甲子園出場は果たせず、明治大学へ入学。捕手に転向し、1年春から、マスクを被るも、1つ下の坂本誠志郎(現阪神タイガース)にレギュラーを奪われ、出場機会が減る。4年時には主将としてリーグ優勝・明治神宮大会準優勝を経験。在学中はリーグ優勝4回を経験した。全チームで主将を務めた経験があり、軟式野球を探求中。

PLAYER INTRODUCTION

身 長:176cm
体 重:80kg
血液型:A型
入 団:2017年
愛 称:じゅんのすけ・じゅんさん

Q. プロフィール

相手をよく観察し、弱点を徹底的に衝くプレースタイル。

Q. プレースタイル

大阪に転勤後、岡本監督と大学OB総会で出会う。大阪バンバータ発足当初で「一からのスタートだ!」という言葉に心躍らせて入団を決意。みるみるうちに軟式野球にハマった。

Q. 入団したきっかけ・理由

野球を通じて人とのコミュニケーションも広がりますし、自分が「夢中」になれる瞬間が野球にはあります。生活の一部にいつも野球がある幸せを感じています。

Q. 野球を続ける動機・理由

実家で当時巨人戦をテレビで見ていたら野球を始めたくなった。上原投手が大好きで投球フォームを真似していた。

Q. 野球を始めたきっかけ

天皇賜杯出場・日本一をもう一回経験したい。

Q. バンバータで成し遂げたいこと

素晴らしい「志」を持つ人間が集まる空間だと感じる。どんなジャンルでもいいので自分が「やりたい!」と思った瞬間に集まれる場所があることは生活を豊かにする素晴らしいコンテンツだと思っている。

Q. 総合クラブに感じる価値

野球をとにかく誰よりも「好き」になること。朝起きてから寝るまでの1日中、野球を考えられるのは今のうちだけです!どんなことでもいいので野球にまつわる「1番」を目指してください!あ、それと、お勉強からは逃げないようにしてください!勉強の後に「野球」です!

Q. アカデミーの子どもたちへ一言

いつも応援頂きありがとうございます。大阪バンバータを通じて野球界発展の力になれるようにこれからも精進して参ります。僕たちと一緒に野球がやりたい!野球を盛り上げたい!という方々がもっと出てくるように日々探求して参ります!

Q. サポーターへメッセージ